光和のリフォーム 福島


  • HOME
  • 水まわりリフォームのポイント

水まわりリフォームのポイント

失敗しない水まわりリフォームのポイント
「家を創る」というのは人生で最も大きなイベントのひとつです。その手段として、リフォームという手段がありますが、一度施工してしまえば元に戻すことはできません。

そのために、考えておくとよい水まわりリフォームのポイントをご紹介いたします!
「あれ!?こんなはずじゃ…」となる前に、しっかりプランを練り、「理想の家」を現実のものにしましょう。

お客様にぴったりのリフォームを提案します

浴室リフォームのポイント キッチンリフォームのポイント
▲浴室リフォームのポイントはこちら ▲キッチンリフォームのポイントはこちら
洗面リフォームのポイント トイレリフォームのポイント
▲洗面リフォームのポイントはこちら ▲トイレリフォームのポイントはこちら


浴室リフォームのポイント

安全

冬でも暖かく快適に

暖かいお風呂 浴室の事故で多いのがヒートショックによるものです。ヒートショックとは、温度差によっておこる急激な体調変化のことで、寒くて震えたり、心臓がドキっとしたりする現象です。
ヒートショックは血圧や脈拍が急上昇するため、身体に大きな負担がかかり、お年寄りでは死亡事故につながるケースもあるのです。

特に冬に多い事故なので、浴室リフォームの際には、浴室と洗面所を暖かく保ち、温度差をなくす工夫をしましょう。

暖房機能が付いた浴室乾燥機なら取り付けが簡単ですし、床暖房が使える給湯器もあります。洗面所側は、ファンヒーターが使えるように、足元にコンセントを取り付けておくと便利です。

お風呂だからこその危険がいっぱい

手すり 浴室の床は水や石鹸で濡れており、大変滑りやすくなっています。また浴室には、当然ですが洋服を脱いで裸で入ります。洋服を着ていれば防げることも、裸という無防備な状態ではケガに繋がる可能性が高いのです。
浴室リフォームの際には、床は滑りにくく段差を無くし、立ったり座ったりと体勢を変える場所には手すりを取り付ける、ガラス面は割れないようにシートを挟んだガラスを使うなどの安全対策をしましょう。

また水栓金具などの位置にも注意が必要です。洗い場の側面や背中側の壁に金具があると身体をぶつけやすく、大ケガをしてしまうことがあります。水栓金具は洗い場の正面に付け、出来る限り凸凹の少ないデザインを選びましょう。

そして意外な危険が、「使いやすいタオル掛け」です。立ち上がる時、丁度いいところにあるタオル掛けを、ついつい掴んでしまうことはありませんか?

普通のタオル掛けでは
体重を支え切れないため、よろけた時にとっさに掴むと外れてしまいます。全体重を掛けて転んでしまえば大ケガの元になり大変危険です。タオル掛けは掴みにくい位置に取り付け、手すり、もしくは手すり兼用の丈夫なタオル掛けを取り付けましょう。

リラックスルームとしてのお風呂

こだわりの空間に

リラックス 浴室リフォームの際、単なる浴室の交換と考えるのではなく、空間にこだわり、自分にとって居心地のいい空間を演出してみて下さい。
面積を広げたり、大きな窓を付けたり、2Fへ移動して眺めをよくするなど、自分好みのお風呂に変えるで、毎日のお風呂が本当に楽しみになるのではないでしょうか?近年、浴室の面積は大きくなってきており、1.25坪以上の広さの浴室も増えています。浴室を、毎日の疲れを癒すリラックスルームにするリフォームの工夫をしていきましょう。
リラックス 浴室の面積を広げられない場合は、浴室と脱衣所をガラスで仕切ったり、庭やバルコニーに向かって大きな窓を取り付けると、一気に開放的な雰囲気になります。
常に透明ガラスでは抵抗があるという方には、
スイッチ1つで透明、不透明を切り替えられるガラスもあります。

また、大きな窓や出窓を取り付ける際、ポイントとなるのは取り付け高さ。浴槽につかった時の視線の先に窓があると効果的です。
その際、注意したいのが外部からの視線。リフォームで窓を大きくしたら、外からの視線が気になり、お嬢さんがお風呂に入りづらくなってしまったというケースもあります。

予算、時間との兼ね合いも

ダミー 一昔前の浴室は、床や壁に直接タイルや石を貼っていく「在来工法」が多かったのですが、現在はパネルを現場で組み立てるシステムバスが主流です。
在来工法は工期が長く、掃除やメンテナンスが面倒なのですが、各家庭に合わせた自由なプランやデザインが楽しめます。
左の写真のようなシステムバスは、プランの中で部品を組み合わせていくのでデザインが限られますが、工期が短く、掃除が楽で水漏れの心配が少ないことから人気があります。

浴室リフォームの工期は、システムバスの交換だけなら1日~2日ですが、間取りを変えたり在来工法で行う場合は1週間~2週間程度かかることもあります。リフォーム中はもちろんお風呂は使えなくなりますので、銭湯の確認はもとより、レンタル浴室の手配も可能ですので、お風呂対策を考えておきましょう。

浴室事例一覧はこちら

▲TOPへ戻る


キッチンリフォームのポイント

キッチンをどう使うか?

どう使うかでスタイルを考える

キッチンスタイル キッチンリフォームを考える際は、まず最初にダイニング、リビングとのつながり方でスタイルを検討しましょう。

スタイル選びはそれぞれ「料理をどのようにするか」というのが
ポイントです。
家族と一緒に料理を楽しみたい人にはオープンキッチンがオススメ。
料理は手早く済ませ、その後リビングでゆっくりしたいという人にはクローズドキッチンがいいでしょう。
ただ、オープンキッチンはダイニングから丸見えになってしまいます。
料理を一緒に楽しみたい、しかしお客様には煩雑なキッチンを見せたくない!という人にはセミオープンキッチンもあります。

キッチンスタイルを選ぶポイント


または、キッチンとダイニングとの間に引き戸を設ける方法もあります。普段はオープンキッチンとして空けておき、来客時などに閉めれば、さりげなくキッチンスペースを隠すことができて便利です。
最近では、子育て世代を中心にオープンキッチンが人気です。これは、料理中も子供の様子が見られて安心ということがひとつの理由です。また、子供たちが料理に参加しやすいため、
作る・食べる・手伝うを実践できる「食育の場」にすることも可能だからでしょう。

調理のしやすい形に決める

キッチンのスタイルを決めたら、次は「I型」「L型」といった、キッチンのレイアウトを考えましょう。

キッチンのレイアウトを決めるポイントは、「キッチン周りの構造」「コスト」「空間の広さと動線」の3つです。
構造上、キッチンの場所を変えられない場合は、基本的に同じレイアウトのキッチンを選ぶことになります。キッチンの価格は、同じ間口の場合、L型よりI型の方が安くなりますので、コストが厳しい場合には、I型がオススメです。

キッチンスタイルを選ぶポイント


間口がコンパクトな場合、L型キッチンの方が効率よく調理スペースを確保できます。
空間の広さは、間口の広さと奥行で決まります。
間口が広い場合→I型、
間口は狭いが奥行がとれる場合→L型にすると、納まりがよくなるでしょう。
さらに、調理中の動線を考えて、「シンク」「加熱調理器」「冷蔵庫」などをどのように並べるかも重要です。

自分に合うキッチンの高さを選ぶ

キッチンの高さ 「キッチンが低くて、長時間立つと腰が痛い…」
「キッチンが高すぎて、腕が疲れる」など、キッチンの高さに関する不満は多いようです。
キッチンの高さは、一般的には80cm、85cm、90cmの3種類で、メーカーによっては、その間の82.5cmや87.5cmもありますが、一番メジャーなもので「85cm」が多く選ばれています。一般的に、使いやすい高さは「身長÷2+5cm」が目安と言われます。しかし、背が低くても少し背筋を伸ばした方が作業しやすい、という方もいらっしゃいますし、あるいは子どもと一緒にキッチンに立ちたいので少し低めにしたい、というパターンもあります。ですから、自分たちのスタイルに合わせて、キッチンカウンターの高さを決めましょう。
シンクとコンロ また、シンクとコンロのどちらを基準にするかも大事なポイントです。コンロを丁度良い高さにすれば、シンクは若干低く感じます。ただ、コンロの方が力を使う作業が多く、高さがあると調理がつらくなることもありますから、迷った時にはコンロを基準にして高さを決めるとよいでしょう。

また、ショールームで実際に立ってみて、比較しながら決めるのがオススメです。その時はヒールのある靴は脱いでスリッパにはきかえるなど、実際に料理をする状況を想定して確認するようにしましょう。

キッチン事例一覧はこちら

senmen-point.jpg

どんな機能が必要か?

収納力が重要!

洗面の収納 洗面所は、朝から歯磨き、洗顔、お化粧など身支度を整える場所。まずは化粧室として機能する洗面所リフォームの工夫をしましょう。
化粧室の一番の特徴は小物の多さです。歯ブラシ、タオル、髭剃り、化粧品のボトルやスプレーなどたくさんの小物があるので、洗面台の収納だけでは足りなくなることもあるでしょう。
これらの小物は、高い場所にある吊り戸棚や奥行きの深い収納に入れると不便です。そんな時は、壁の厚みを利用する「壁埋め込み収納庫」を取り付けるリフォームをしてみましょう。
壁埋め込み収納庫の奥行きは10センチ程度ですから、小物の出し入れがしやすいだけでなく、しまってあるモノがひと目で見渡せるので、化粧品などの収納にとても便利です。

洗面台の「高さ」に注意

洗面台の高さ 次に注意したいのが洗面台の高さです。高めだと洗顔時に腰を曲げずに済み楽に感じるのですが、高過ぎると洗顔の水が肘に伝わって床が水浸しになってしまいます。洗面台の高さは「身長165cmの人で80cm程度」を目安にするといいでしょう。

また洗面所リフォームの際には、家電用のコンセントを取り付けるのをお忘れなく。だんだん増えていくことを考慮し、少し多めに付けておきましょう。リフォームはコンセントの移動、増設のチャンスですので、しっかり検討しましょう。

家事室としての洗面所リフォーム

洗濯器 洗面所に洗濯機がある場合は、家事室としての工夫をしましょう。夜に洗濯した際も汚れ落ちがよく見えるよう、そばに照明器具を取り付けておくと便利です。

そして洗剤や柔軟材の置き場、洗濯物を入れて置く場所、干し場への移動など、家事がしやすいようにリフォームプランを考えていきましょう。

洗剤のストック類は普段使わないため、床下収納に入れておくとスペースの節約ができます。
また、家事はまとめてしたい、という方は、洗濯場とキッチンをスムーズに移動できるように通路を確保しておきましょう。

 

暖かく、水に強い床材

冬でも暖かい空間に

暖かい洗面 洗面所が浴室の隣りにある場合は、脱衣所としての工夫も必要です。

裸になったり、体が濡れたままでいることが多いのですから、寒い冬でも暖かい洗面所にするリフォームを考えましょう。
特に注意したいのがヒートショック現象(※)です。洗面所と浴室に暖房を取り付けて温度差をなくす対策をしましょう。洗面所はファンヒーター用コンセントを1つ付けておくだけでも便利です。

(※)ヒートショックとは、急激な温度変化によって、血圧や脈拍に大きな変化を起こすこと。重大な事故に至ることもあります

脱衣所の床は腐りやすく、壁と天井はカビやすい!

浴室タイル 足拭きマットがあっても、洗面所の床は水滴が付きやすく、腐りやすい状況にあります。築15年程度になると、浴室に接した洗面所の床下が腐食してきてしまいます。
洗面所の床材は
水に強い材料・・・タイル、クッションフロア、耐水フローリング、コルクなどを選びましょう。また同じように壁や天井もカビやすいので、調湿機能がある壁紙や珪藻土、エコカラット、防カビ機能のある塗料を選びましょう。

senmen itiran.jpg

▲TOPへ戻る
 

toilet-point-2.jpg

毎日使うから、安全が一番!

みんなが出入りしやすい入口

入口 トイレの扉は、狭い廊下から入ることを考えて、幅が狭く作られていることも多くあります。つまり、年を取った時にスムーズな出入りが難しくなる可能性があるのです。

トイレリフォームの際には、ドアの形を見直し、できれば引き戸にしましょう。ドアだけでなく、敷居などの段差は無くし、ドア前のスペースも広めに取っておきましょう。将来、人に支えられたり、車椅子で出入りをする時に動きやすくなります。

手すりをつけましょう

手すり 手すりが無いと、立ち上がる時にペーパーホルダーをつかみ、いつの間にかねじが緩んだり壊れかけたりと、事故の原因に繋がります。

ペーパーホルダーでは身体を支えきれません。立ったり座ったりする時に危険のないよう、
必ずトイレ用の手すりを取り付けておきましょう。

ただし、トイレが狭い場合は、身動きするのにかえって
手すりが邪魔になることも。そんな時は、普段は折りたたんでしまっておけるタイプの手すりを取り付けておくと便利です。

お掃除のしやすさ

壁材・床材を工夫!

掃除のしやすい床材 トイレはいつも清潔が一番です。常にきれいな状態が保てるよう、掃除がしやすい便器、建材を選んでリフォームしましょう。
汚れが溜まらないフチなし形状の便器、汚れが付きにくい便器など、お手入れのしやすい便器が各メーカーからたくさん出ていますので、比べてみましょう。

また、トイレをリフォームする際、特に注意したいのが床材です。

塗装のない床板や通常のフローリング材では、すぐシミができたり変色してしまいます。床をフローリング張りにするなら、アンモニアや薬品に強いタイプを選びましょう。強化ウレタン仕上げのコルク材、クッションフロアシート、トイレ専用のタイルなどもオススメです。

壁材には壁紙や珪藻土などの機能性壁材を使うと、消臭や調湿機能を発揮してくれるのでトイレが快適になります。

収納は邪魔にならないように注意

トイレ収納 トイレは意外と小物が多く、掃除用具、トイレットペーパー、衛生用品などの収納スペースが必要です。
しかし、ただでさえ狭いトイレ、不用意に収納ボックスを取り付けると、トイレを使う時や掃除のジャマになってしまうことがあります。

その小物はいつ使うのか、使用する体勢や頻度をよく考え、壁の厚みを利用した収納スペースなど、それぞれにあった収納を選び、狭くても効率のいいトイレ収納にしましょう。

トイレ事例一覧はこちら

▲TOPへ戻る


選ばれる理由 会社案内 施工事例

お得なキャンペーン情報はこちらから

TOTO 浴室キャンペーン

リフォームの光和へのご相談、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ 光和 お見積もり 光和

光和